"しんちゃんとなおこ姉ちゃんが行く" 平治岳
07.06.10.平治岳


しんちゃんにミヤマキリシマの絨毯を見せたくて、急なお出かけです。最近お互い忙しく、こうして一緒に山に来るのも久しぶりですね。明日から、しんいち画伯は、100号の大作に取り組みます。期限は一ヶ月。いつか、きょうのこの風景を絵にしたいと思ってくれる日が来ないか、期待している私です。


きょうも小さなかわいい花のお出迎えを受けました。まだまだこれから本番のドウダンツツジ。

マイヅルソウはそろそろお休みの時期になります。今年もたくさん舞い降りてくれてありがとう。

イワカガミも、また来年。テカテカ葉っぱを鏡みたいに磨いておいてね。

チゴユリさんもお達者で。
坊がつるも、大戸越も、とてもにぎやかです。
青い空と、白い雲と、ミヤマキリシマのピンクと、楽しそうな声が、のどかな風景によく合います。

ゆっくりゆっくり時が流れています。
ミヤマキリシマが続く平治岳。
その向こうに黒岳。

ほんのり頬を紅色にそめたベニドウダンもミヤマキリシマの影に咲いています。

花も人も1年で一番にぎやかな季節です。
ミヤマキリシマの向こうに、三俣山。
くじゅうのど真ん中に威風堂々。

柔らかな稜線が続くのは大船山。
青空に映える緑豊かな6月の九重連山です。

少し遅咲きのヒメハギと少し早咲きのシモツケがかわいい蕾をつけています。

くじゅうはそろそろ夏の準備を始めているようです。