2007.12.08. 比叡山

---宮崎県/大崩山地/918.3m---

トップに戻る

はるか昔、比叡山とその隣の矢筈岳は、ひとつの山だった。浸食作用によって二つの山に分かれたという。ヒカゲツツジ、アケボノツツジが咲くころを思い描きながら、岩峰が連なる尾根沿いを静かに歩く。カランコロン岩から大崩山、鬼ノ目山、釣鐘山、日隠山を眺め、一休みしたあと、さらに東、比叡山山頂を目指す。展望のきかない地味な山頂である。