2008.2.17. 西山(644.6m)〜犬鳴山(583.7m)


西山登山口〜30分〜こもの峠〜15分〜西山(鮎坂山)〜10分〜こもの峠〜20分〜番兵跡〜20分〜鹿見岐れ〜50分〜猪野岐れ〜30分〜犬鳴山〜35分〜犬鳴登山口〜10分〜犬鳴口〜10分〜犬鳴ダム駐車場
歩行時間:4.0時間、歩行距離:10.0k、標高差:+940m−950m

今日はお二人の方にお世話になりました。感謝。今日の秘話は日記に。そして、何故か今日は画像のない山行記録。カメラからPCに転送中、貴重な画像を誤って消去してしまったw(☆o◎)wガーン・・・ということで、HP開設以来初めてのことでした(涙)

・・・その3日後
なくなってしまったはずのデータが出てきた。めでたし!めでたし!!

9:00 犬鳴ダム駐車場
西山から犬鳴に向かうか、犬鳴から西山に向かうか、どちらにしても往きか帰りにダムの周囲の長い車道歩きが待っている。さあさあ、どうしたものか・・・ここは先にいやな車道歩きを済ませておこう。

9:30 西山登山口

ダム駐車場からここまでは、ダム周囲の東側を歩いて40分ほど。車は一方通行のため時計回り。途中に炭焼き小屋からの登り口もあるが、今日は、司書橋コースを行く。
ここから左に登山口あり。途中、涸れかかった沢を何度か渡り、急な坂を上る。




犬鳴川源流の碑→

10:00 こもの峠

ここから、西山、犬鳴山に分かれる。右手に進み、急坂をゼ〜ゼ〜言いながら登っていく。15分、あえぎっぱなし(>_<")

なんだ坂!こんな坂!ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!





10:15 西山(鮎坂山)

自衛隊の立ち入り禁止の札をちょっと除けて、高台に上ると、鮎坂山の一等三角点。「西山」である。眼下に玄界灘を展望し、これから向かう犬鳴山、その向こうに立花山を望む。少し空はどんより、小雪もちらついてきた。 10:38 こもの峠まで引き返す。


11:00 番兵跡

ここででおにぎりをほおばり、小休憩。

11:18 鉄塔

鉄塔のわきを過ぎ、

11:10 鹿見岐れ

ここまでいやなるくらいアップダウンの連続…( ̄。 ̄;)ブツブツ

よお!

およよ!

涙・・・

椿峠を過ぎた少し先で、K師匠に遭遇。師匠はダムから犬鳴山まで直登で来たらしい。さすが!ここから師匠は引き返し同行してくれることに。師匠に詳細なコース説明をしてもらいながら先に進む。この辺からは今までのアップダウンが嘘のように楽々な縦走路。
これから向かう双頭の犬鳴山

12:10 猪野岐れ

緩やかな上り15分ほどで林道に出る。ここから最後の急登。

12:50 犬鳴山(熊ガ城)

あまり広くはないが、福智山系、玄界灘の展望は素晴らしい。風が冷たいので少し下ったところでお昼ご飯。いつものチャンポン。寒いときは大変美味!

犬鳴山から望む「西山連峰」 ちょうど真ん中あたりが西山。次は、今日の縦走路の外側、東から西へ歩いてみよう!

13:20 犬鳴山
どのルートを下るか。メインルートでお願いします。藤七谷を下ることに。メインルートとは思えないほど荒れている。旧道手前でもう一本の新しい登山道入り口にでくわす。師匠のいうメインルートは昔のメインルートらしい。さすが登山暦40年の師匠である。確かにメインルートに違いなかった。旧道を左に進むとゲートがあり、県道21号線犬鳴トンネル手前の犬鳴口に出る。ここを左に県道沿いに歩く。

14:15 犬鳴ダム駐車場
無事下山。