2008.11.29. 荒滝山(459m)・日ノ岳(458.6m)


【アクセス】
北九州都市高速〜門司IC〜(九州自動車道)〜下関IC〜(中国自動車道)〜美祢IC右折〜(国道435)〜上曽原交差点右折〜(県道231)〜吉部方面7キロ左〜荒滝山登山口
【コース】
登山口〜25分〜荒滝山〜60分〜一本松展望点〜10分〜日ノ岳〜30分〜犬ヶ迫集落〜10分〜登山口(周回)


11月29日。予報どおりの雨のなか、山口県宇部市の最高峰、荒滝山(459m)へ。うへ〜、雨か・・・と思いつつも、今日の私はへこたれない。雨の日のルート確認という目的があるからだ。さて、なぜ荒滝山か。高速インターから近いということ。正月企画の下見だから、「吉部富士」たる荒滝山というわけだ。北九州の自宅から1時間ちょっと。高速美祢インターを下りるとすぐにコンビニ。登山口まで9kほど。登山口までの道路は快適。登山口駐車場は広々。きれいなトイレ。完璧である。

現地に着くと雨は本降りに。悪天候の登山口。人っ子一人いない。おそらく今日の荒滝山は独り占め。う〜ん、悪くない!
駐車場から右へ、大きな民家(人が住んでいるような住んでいないような)の前を通り過ぎると、赤い鳥居があり、ここが取り付き点。


登山口から20分、日ノ岳、荒滝山の分岐点

少し見ごろは過ぎたものの紅葉するカエデ

分岐点から5分、荒滝山山頂からの展望。


荒滝山山頂、荒滝城本丸跡、狼煙(のろし)場でもある。


平成20年1月に山口県史跡に指定された荒滝山城跡案内板


荒滝山から北西へ稜線をたどり下ること15分、林道を横切り、日ノ岳に取り付く。

取り付きから30分、小さな沢を渡り急坂を上りさらに稜線を西に進むと一本松展望点だ。

花尾山、雁飛山が展望できるらしい、が、今日はあいにく真っ白で残念。


日ノ岳山頂、30分雨に打たれながら流れる雲を睨みつけていたが、雨と寒さで凍えそう・・・
真正面に見えるはずの荒滝山(吉部富士)は、次回に期待して下山する。

日ノ岳から緩やかな稜線を南に進み、急な坂を少し下ると30分ほどで犬ヶ迫の集落に出る。いつのまにか空は明るみ、集落の向こうに吉部富士が現れる。あ〜もう少し粘っていれば・・・

舗装道を左に進み、すぐに右折、その先正面に駐車場への案内板。丘を越え10分、元の駐車場に到着。
振り返ると、青空に映える「吉部富士」紅葉の荒滝山が。次回澄み渡る冬空と大展望を期待して帰途に着く。